Tokyo Homes Collectopn

column

憧れの中庭がある家について

口の字型の中庭

口の字型の中庭
最近、中庭の人気が再燃してきています。
これから家を建てる予定のある人は、中庭をつくってみてはいかがでしょうか。
中庭は家に囲まれた庭のことを言いますが、いくつかのタイプに分けることができます。
例えば、コの字型や口の字型です。
ロの字型は、四方が全て家に囲まれている特殊な形をした中庭です。
口の字型の中庭はメリットも多いですが、デメリットもあります。
メリットの一つは、中庭を中心にして家の中を一周回れる回遊動線をつくれることです。
行き止まりのない回遊動線は、移動も楽になります。
部屋から中庭、中庭から部屋へと連続した空間を持つことができ、無駄な動線がなく快適な生活を送ることができるでしょう。
また、空間が続くため、家の中がより広く見えることもメリットです。
デメリットとして、大雨が降ると口の字型の中庭はプールのように水が溜まってしまうことが挙げられます。
それは、水の逃げ場がないからです。
水が溜まらないように、中庭から家の外へ排水できるように排水管を取り付けましょう。

特徴を理解して中庭をつくろう

特徴を理解して中庭をつくろう
口の字型に限らず、中庭のメリットは家が明るくなることです。
中庭から光が入り込み、中庭に面した部屋が明るくなります。
光を確保しにくい都市部の家では中庭は特に有効です。
また、プライバシーも守ることができます。
周囲の目線を気にせずに自由に外で楽しめるでしょう。
しかし、断熱効果が落ちるというデメリットがあります。
それは、外壁が増えるからです。
そのため、特殊な構造の家になるため、性能をよく理解した業者に依頼すると安心です。
構造や設計が良くなければ、風通しの悪い家になり、湿気がたまりやすくなります。
居心地の良い家をつくるためにも、業者選びはとても重要です。
このように、中庭は様々なメリットとデメリットがあります。
特徴を理解し、デメリットを改善することで、より過ごしやすい家をつくることができるでしょう。
中庭を検討してみてはいかがでしょうか。

page top