Tokyo Homes Collectopn

column

家づくりで天窓をつくる魅力とは

壁面の窓よりも3倍光を採り入れる天窓

天井の高さについて
家を建てるなら、明るくて居心地の良い空間をつくりたい人も多いでしょう。
北向きの土地や住宅密集地に家を建てる際は、日当たりが悪くなってしまうことがあります。
採光がしにくい家も、天窓を設けることで室内に光をたっぷり採り入れることができます。
天窓のメリットとデメリットを把握した上で、家づくりに天窓を取り入れてみてはいかがでしょうか。
天窓のメリットの一つは光の採り込み量が多いことです。
壁面に設ける窓よりも3倍の光を採り込めると言われています。
隣の建物と距離が近い場合や、通行量の多い道路に面している場合は、壁面に大きな窓をつけることができません。
しかし、壁面につくることが難しい家でも、天窓を設けることで明るい室内をつくることができます。
家具の配置にも影響を与えません。
また、窓の高低差や室内の温度差を活かすことで通風を確保できます。
エアコンなどに頼ることなく熱を屋外へ排出し、家全体に空気の流れができるため涼しさを感じることができるでしょう。
天井からの光は部屋の隅々まで届きやすいこともメリットです。
昼間に電気をつける必要がなくなるため、節電効果も期待できます。
採光以外にもメリットがある天窓を検討してみてはいかがでしょうか。

 

天窓のデメリット

天井の理想の高さ

天窓のデメリットとして、メンテナンスや掃除をしにくいことが挙げられます。
自分で掃除をしたくても、高所作業となるため危険です。
メンテナンスは業者に依頼しましょう。
万が一、雨漏りが発生した場合は業者に依頼すると安心です。
また、汚れが気になる人は汚れがつきにくいコーティングを施したものを選ぶことをお勧めします。
突然、雨が降った際に、床がびしょ濡れになってしまうこともデメリットの一つです。
しかし、センサー付きの天窓は雨が降ると自動的に窓が閉じるため、雷雨が気になる季節も安心して過ごすことができるでしょう。
このように天窓にはデメリットもありますが、工夫や対策をすることで解決することができます。
天窓を上手く取り入れ、明るくて居心地の良い空間を手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

page top