Tokyo Homes Collectopn

column

家づくりにおける理想の天井の高さとは

天井の高さについて

天井の高さについて
家づくりでは間取りや広さについてこだわる人が多いのではないでしょうか。
その中でも見落としてしまうポイントとして挙げられるのは、天井の高さです。
天井の高さは無限につくることができるわけではありませんが、心地良い空間を考えた際には、天井の高さがポイントになってくるでしょう。
実際にただ高くすれば良いというものではなく、家づくりを考える上で適切な高さにすることが大切です。
高い天井は、開放感があり、高級感のある空間を演出することができます。
さらに、シャンデリアなどの高さがある照明器具を設置することができ、窓を高い位置に取り付けることができるのもメリットの一つです。
窓を高い位置に取り付けることで、光が差し込み、明るい空間にすることができます。
しかし、天井の高さをあまりに高くしてしまうと、デメリットもあるため、注意しましょう。
まず、冷暖房費などのコストがかかる、カーテンやサッシなどの既成品が使用できなくなるということが挙げられます。
そして狭い部屋の場合には天井を高くすると、余計に狭く感じてしまうことがあるのです。
掃除や電球の交換なども手間やコストがかかるという問題もあります。
そのため、ただ天井を高くすれば良いというわけではありません。

天井の理想の高さ

天井の理想の高さ
日本の家づくりでは、建築基準法というので定められており天井の高さは210cm以上に設計するように決められています。
以前の和室が多い家では、220cmが平均となっていましたが、洋室が多い現在の家では240cm前後が平均となっているのです。
240cmは、サッシやカーテンなど既成品を使用することができるため、インテリアの選択肢が多く、選びやすいでしょう。
しかし、全ての部屋が同じ天井の高さが理想とは言えません。
例えばリビングであれば天井が高い方が開放感のある空間になり、8畳以上であれば250cm以上あるとより広く感じ、シャンデリアなどの照明を取り付ける場合には280cm以上あると良いでしょう。
寝室やキッチン、トイレなどは天井を高くしすぎると落ち着かないという人もいるのではないでしょうか。
特にトイレの場合、天井が高いと壁が迫ってくるような感覚になるという人もいるのです。
後悔しないようにメリットだけではなく、デメリットも考慮し、家づくりをしましょう。

page top