Tokyo Homes Collectopn

column

家づくりでこだわりのキッチンをつくるポイント

家づくりにおけるキッチンについて

家づくりにおけるキッチンについて
家づくりの際には様々なところにこだわりたいと考えますが、キッチンと一言で言っても様々なレイアウトがあります。
レイアウトによりキッチンの雰囲気や使い勝手は異なるため、家事動線を考えてつくっていくと良いでしょう。
生活スタイルによって家事動線は異なるのではないでしょうか。
家事動線が悪いキッチンは、使い勝手が悪くなり、効率的に家事をすることができなくなるのです。
また、理想通りのキッチンをつくったつもりでも、実際使い始めると想像と違ったというケースもあります。
キッチンづくりで失敗しないためにも、キッチンづくりはこだわりを持ってつくることが大切です。
キッチンは、家の中でも欠かせない場所となっているため、居心地の良い場所にしましょう。

キッチンを使いやすくするには

キッチンを使いやすくするには
キッチンづくりは、毎日の料理が楽しくなるかどうかにも関わってきます。
例えば、キッチンのワークトップが自分の身長に合わない高さでは不便に感じたり、腰に負担がかかったりするのです。
ワークトップは、85cmの高さが標準となっていますが、身長÷2+5cmが目安となっているので、実際に使う人の身長に合わせて選びましょう。
さらに、ワークトップの調理スペースの広さは重要です。
調理スペースはコンロとシンクの間のスペースですが、下ごしらえなどで最も使用する場所でしょう。
幅75cm以上あれば、まな板やお皿を置いても余裕を持つことができます。
しかし、水切りカゴなど他に置く物によって狭い場所で作業することになってしまうため、注意が必要です。
シンクの形状や幅によっても使いやすさは異なるため、実際に使うイメージをして選びましょう。
そして、ワークトップには様々な素材があるため、機能性やデザイン性を考慮し、選ぶ必要があります。
キッチンは、リビングやダイニングなどに面していることが多く、部屋の壁紙や床の色などの相性を考えて決めないとキッチンだけ浮いて見えてしまうことがあるのです。

page top