Tokyo Homes Collectopn

column

三世帯で快適に暮らせる家

三世帯同居はメリットがある

三世帯同居はメリットがある
近年、二世帯同居が注目を集めています。
子育てをしながら仕事を続ける女性が増えており、子育てと仕事の両立にストレスを抱える人は多くいますが、二世帯同居をすると両親が助けてくれる安心があり、注目を集めているのです。
また、最近では、三世代同居も社会規範や情緒面において、子どもに良い影響を与えるメリットもあります。
これから新築の家を建てようと検討している人は、三世代が快適に暮らすことができるポイントを知っておきましょう。
ポイントの一つは、プライバシーを確保した間取りです。
三世帯が一つに家に住んでいると、各世帯のライフスタイル、生活時間帯、食生活がそれぞれ違ってきます。
その違いを尊重した間取りを考えてみてください。
理想の間取りは、各階ごとに左右で世帯を分ける完全分離です。
しかし、広い土地や予算が必要になるため、実際には各階ごとに世帯を分けたり、一部を共有したりすることが多いでしょう。
一部を共有する場合は、キッチンや浴室、トイレなどの水まわりは世帯ごとにわけることポイントです。
また、水まわりは音がでやすいため上下階で同じ位置に設けたり、寝室の真上を避けたりしましょう。

三世帯同居の家づくり

三世帯同居の家づくり
三世帯が一緒に同じ家で住むのであれば、一部を共有し、行き来がしやすいように間取りを考え、世帯間の交流が生まれやすくなるようにすると、生活がより楽しくなるのではないでしょうか。
一緒に暮らす安心感もさらに高まるはずです。
また、お互いが気兼ねせずに自分たちらしい時間を過ごせる場所をつくることもポイントになります。
親世代では広いリビングや自分だけの空間を設け、子世代はダイニングの一角に勉強スペースをつくると料理をしながら子どもの様子をみてあげることが可能です。
三世帯の家づくりは、おとなりに近い感覚で生活できるように工夫しましょう。
我慢しながら三世帯同居をするのではなく、ゆとりができストレスが軽減できる家づくりをすることが大切です。
適度な距離感を保ちながら、それぞれの世帯がコミュニケーションを取れる家づくりをしてみてください。

page top