Tokyo Homes Collectopn

column

結露対策が施された家

生活の中で出来る結露対策

生活の中で出来る結露対策
結露の多くは家の中で窓に発生し、寒い時期になると、空気が窓の低い温度によって冷やされ、空気中の水蒸気が水に変わることによって起こります。 湿気の多い部屋ほど結露も多くなり、特に家の中ではお風呂場で発生しやすいですが、住宅内であればどこでも起こりうるのです。 結露になると家の窓を濡らしてベタベタにするばかりでなく、カビやダニの発生源となり、体に良くありません。 さらには、住宅の寿命も縮めることとなり、木材などを腐らせやすくして劣化させます。 日頃から自分で対策を行うには、温度と湿度がポイントとなります。 部屋の中と外の温度差を出来るだけ少なくする、加湿器や洗濯物、お風呂のお湯などに注意し湿度を高めないようにする、料理するときは換気して水分を外に逃がす、などがあります。 また窓であれば、結露防止シートがあるので、それを貼るだけでも違います。 冬であっても、家の中の湿度が高ければ、除湿器を使った方が良いです。

住宅に結露対策を行う

住宅に結露対策を行う
結露は、窓という見える部分のみならず、床下や壁の内側などにも起こります。
温度の低い時期であれば、外気の温度によって、室内よりも躯体内部の温度の方が低くなり、少しの隙間などでも、結露が起こります。
木造住宅であれば、木材が湿気る原因となるので、腐りやすくなり、住宅の寿命を縮めます。
室内から見えないような部分の結露対策は、家を建てるときから対策を行うようにします。
ポイントとしては、出来るだけ温度の低くなる部分を作らないようにすることです。
隙間無く断熱材を設置し、釘などの金属も低い温度を躯体内に伝えるので、金属部分もくまなく断熱材を設置します。
結露の起きやすい浴室あれば、発生する水蒸気は、換気扇だけでは十分に取り除けません。
対策としては換気をしやすくする以外にも、下地の防湿施行をします。
浴室全体を防湿素材で多い、脱衣所などに水蒸気が逃げないようにして、浴室の換気扇で外に逃がすのです。

page top