Tokyo Homes Collectopn

column

一般的なバルコニー

一般的なバルコニー

一般的なバルコニー
新築を建てる際には、様々なこだわりを持って理想の家を建てたいものです。
バルコニーに憧れている人も多いのではないでしょうか。
バルコニーは、一般的なバルコニーとインナーバルコニーの2種類あります。
2種類の違いは家から跳ね出しているか、建物内に収まっているかの違いです。
一般的なバルコニーは建物本体から外に張り出しており、屋根がありません。
バルコニーをつくる目的は、洗濯物を干したり、テーブルや椅子を置いて外でバーベキューをしたりなどではないでしょうか。
注意しなければならないのは、木造住宅の場合は柱などがない状態で跳ね出せるスペースが1mまでと規定があることです。
広いバルコニーをつくりたい場合には、柱や壁が必要になります。
家庭菜園をしたい、外では干すスペースがないけど、部屋干しはしたくないという人は、バルコニーをつくってみてはいかがでしょうか。
また、エアコンなどの室外機をバルコニーに置くことも可能です。

インナーバルコニーについて

インナーバルコニーについて
インナーバルコニーは、家の一部がバルコニーになっている家のことを指します。
一般的なバルコニーと比べて、屋根があるため雨が降っている日も外で洗濯物を干すことが可能です。
また、奥行きが取りやすいため、洗濯物を干す以外に、椅子やテーブルを置いてリビングの延長として使う人がいます。
ガーデニングや喫煙場所としてなど、プライベートな空間をつくることができるでしょう。
そして、インナーバルコニーをつくる場合は、2階にリビングを設けることをおすすめします。
その理由は、インナーバルコニーと居住空間を繋げることで境界線がなくなり、第2のリビングとして家の中のように活用できるためです。
空間に広がりを持たせたいという人は、一般的なバルコニーよりもインナーバルコニーをつくってみてはいかがでしょうか。
しかし、一般的なバルコニーよりもインナーバルコニーは同じ面積あたり2倍以上の費用がかかると言われています。
屋根を設置し、インナーバルコニーの下に断熱材をいれなければならないからです。
高い費用をかけてインナーバルコニーをつくっても、利用しなくなったということがないように、使用用途を明確にしておきましょう。

page top