Tokyo Homes Collectopn

column

将来を考えたバリアフリーの家

バリアフリーの家

バリアフリーの家
結婚や子どもができたのを機に、家を購入する人が多いでしょう。 家を購入する際は、将来を見越して住宅を選ぶ必要があります。 子どもの部屋を作ったり、収納スペースを設ける人が多いですが、バリアフリーも考えてみてはいかがでしょうか。 両親と一緒に住んでいる人や、自分自身が体が不自由になったときのことを見据えてバリアフリーを検討している人も少なくありません。 バリアフリーは具体的に、段差をなくしたり、エレベーターやスロープを設置することで、体が不自由な人でも自立した生活が送れるような家のことを言います。 今は何も感じない段差も、加齢とともに足が上がりにくくなったり目が見えにくくなると、小さな段差にも気がつかずに転倒してしまう可能性があるのです。


バリアフリーの家を選ぶポイント

バリアフリーの家を選ぶポイント
バリアフリーの家を選ぶときには、いくつかのポイントがあります。 これから家を建てる人は、このバリアフリーのポイントを知っておきましょう。 まず最初のポイントとしては、段差の数や高さがあります。 どうしても段差が生じてしまう構造の場合は、スロープを設置したり、段差1段の高さを18cm〜24cm程度のゆるやかな段差にするというポイントがあります。 段差がない場所でも、手すりの設置がバリアフリーのポイントになります。 転倒しやすい階段や廊下だけでなく、座ったり立ったりを繰り返すトイレや浴室、玄関などに手すりを設置しましょう。 手すりを設置する位置も、浴槽はまたがらなければならないため、高すぎないようにするなどといった、体に合わせて設計することが大切になります。 床は滑りにくい素材を使用し、温度差も気をつけなければなりません。 車椅子を使用する可能性もあるため、車椅子が回転できる広さを確保する、といったこともポイントになります。 バリアフリーの家は、いざというときのために様々なことを考えておかなければなりません。 これらのポイントを考えながら、バリアフリーの家を建てる検討してみてはいかがでしょうか。


page top