Tokyo Homes Collectopn

column

リビング階段がある家のメリットとデメリット

リビング階段とは

リビング階段とは
快適な住まいを実現するために、様々な工夫をする人が多いですが、リビング階段の採用を検討している人も多いのではないでしょうか。
実際に、半数以上の方がリビング階段を採用しています。
リビング階段は、階段をリビングに取り入れることで2階の部屋に行くためには必ずリビングを通らなければいけないつくりにします。
リビング階段のメリットとデメリットを知っておきましょう。
まず、リビング階段のデメリットは、上階から冷気が降りてくることです。
1階と2階を室内でダイレクトにつなぐリビング階段は、特に冬場に寒さを感じます。
また、お客様が家に来たときは、リビングを通過して2階にいかなければいけないため、気を使うことも多くなるでしょう。
2世帯で同居する際は、1階と2階の間での生活音が気になることや、キッチンから生活感、調理のにおいが漂いやすいといったデメリットが挙げられます。
しかし、こういったリビング階段のデメリットは対策をすることで、解決することができます。
例えば、カーテンや引き戸を設け、冷気を防ぐ対策や、簡易的に区切れる工夫をすることで、2階に移動しやすくなる、リビングを吹き抜けにしないことで生活音を低減させる、キッチンを壁付けにしてパワフルな換気設備を準備するなどです。


リビング階段のメリット

リビング階段のメリット
リビング階段のメリットは、家族のコミュニケーションが取りやすくなることでしょう。
2階に行くためには、必ずリビングを通らなければいけない間取となるため、挨拶などもしやすく、コミュニケーションが取りやすいです。
また、吹き抜けの2階部分のリビング階段に子供部屋や作業スペースなどを設ければ、キッチン、リビングダイニングとの距離を縮めることができ、何をしているかお互いにすぐにわかります。
リビング階段の下を上手に活用することで、収納スペースになることもメリットのひとつです。
家族で共有するリビングにも広い収納スペースをつくることができます。
吹き抜けの2階部分のリビング階段に子供部屋や作業スペースなどを設ければ、キッチン、リビングダイニングとの距離を縮めることができ、コミュニケーションを取りやすくできます。
リビング階段を検討している人はメリット、デメリットを考慮したうえで決めましょう。


page top