Tokyo Homes Collectopn

column

じめじめした暑い夏を涼しく過ごせる家

外断熱と遮熱工法

外断熱と遮熱工法
暑い夏場は、家の中がじめじめしており、クーラーや扇風機に頼ってしまいます。
クーラーや扇風機を毎日、長時間使用していると電気代が高くなってしまうでしょう。
湿度の高い日本の夏を涼しく過ごせる家は、構造に工夫がされています。
例えば、断熱構造です。
外断熱と遮熱工法で、壁体内を空気が通るようにします。
家の断熱工法は、断熱材を外壁と内壁の壁空洞に、埋め込むように入れる内断熱が主流でした。
しかし、内断熱は、冬になると家の中の水蒸気分圧が屋外側よりも高くなり、水蒸気が断熱材を浸透する過程で冷やされて、結露が発生しやすくなります。
これに対して、壁空洞を残したまま、柱の外側に板状の断熱材を途切れることなくつめるのが外断熱です。
熱を入れない、逃がさない断熱材で家全体の外側を覆うことで、隙間がなくなり、夏の冷房が効きやすくなります。
また、赤外線の量が減るため、室温が高くても天井や壁、床の温度が低ければ快適に感じるでしょう。
外断熱の場合は、構造材の間に空気の通り道ができ、常に空気が循環します。
そのため、構造材が適度に乾燥し、温度調節の機能を発揮し、家の中の温度差が少なくなり、屋根裏や床下まで、部屋の一つとして使用できるようになるでしょう。
このように室内環境が安定するのは、大きなメリットのひとつです。


夏場を快適に過ごす家

夏場を快適に過ごす家
省エネルギー効果の高い高断熱、高気密住宅は、地球温暖化防止計画の一つとして推奨されています。
断熱と気密性を高めた家は、夏の暑さの影響を受けません。
省エネ効果があり、室内はとても快適になるでしょう。
構造体が外気から断熱材で守られると、温度差による構造体の収縮が起きにくくなり、傷みが少なくなります。
夏場でも、涼しく快適に過ごす家を探している人は、住宅展示場に足を運んでみてはいかがでしょうか。
住宅展示場では、毎月様々なイベントを開催しているため、理想の家を探すことができるでしょう。


page top