Tokyo Homes Collectopn

column

戸建ての家に必要な防犯対策を見極めよう

戸建ての家ならではのプライバシーの問題もある

戸建ての家ならではのプライバシーの問題もある
マンションやアパートであれば他の家族が住む部屋が同一の建物内にあるので、様々なプライバシー上の問題が発生してしまいます。 戸建ての家であればこういった問題はない…と思うかもしれませんが、賢くプライバシー確保をしないと問題が発生してしまいます。 特に都心部に戸建ての家を構えた場合には、多くの人が行き交う道路と目と鼻の先に玄関があり、場合によっては道路にいる人から家の中が丸見えになってしまいます。 それでは落ち着きませんしトラブルの原因になりかねません。 プライバシー確保のためには外から家の中が見えないように目隠しとなるエクステリアを設けることも検討したいです。 オシャレなエクステリアも多数あるので、一石二鳥の効果を得られるうえ、防犯目的でも高い効果を発揮するでしょう。 道路に面している部屋の問題は上記の方法で解決できますが、玄関の問題は厄介です。 玄関前にエクステリアを置くと邪魔になるケースもありますし、動線を考慮した場合マイナスになりかねません。 人が通る道路の方向に玄関を向けるのではなくて、あえて道路からは見えない横面に玄関を設置するのもおすすめです。 実践している人もいますが、これであればプライバシーの問題をあまり気にすることなく、玄関の開放が叶います。


 

プライバシー確保をすることで戸建ての家で快適に暮らせる

プライバシー確保をすることで戸建ての家で快適に暮らせる
安全な世の中ではありませんから戸建ての家でも適切な対策を行うことが求められています。 防犯用の砂利を家の周りに撒いたり、自動で点灯する電灯や防犯カメラなどを設置したりして、賢く利用することも大切です。 そしてプライバシー確保のためには植物を植えて視線をさえぎることもおすすめですが、やはりエクステリアの活用がプライバシー確保には不可欠かもしれません。 デザイン性とプライバシー面の両方を叶えようと思うと難しいですが、長年住み続ける家ですから、プライバシー面は特に重視したいです。

 

page top