Tokyo Homes Collectopn

column

戸建ての家に必要な防犯対策を見極めよう

戸建の家の防犯対策

戸建の家の防犯対策
現代のマンションではオートロックや防犯カメラの設置など防犯対策が当たり前のように備わっています。
警備会社によるセキュリティ態勢も備わっているため安心できるでしょう。
一方で、戸建の家での防犯対策はどうでしょうか。
防犯対策のことを考えると戸建の家よりもマンションの方がいいのではないかと思っている人も多いでしょう。
しかし、最新の戸建の家は防犯性も優れています。
玄関は2ロックになっており、窓は防犯フィルムが入ったシャッター雨戸付きが増えています。
セキュリティ態勢を固めるために警備会社と契約している家もあります。
また、戸建の家周辺の道路を通り抜け不可となるような設計をしていることもあります。
通り抜け不可にすることで、見知らぬ人が立ち入ることができず、不審者を見分けたり事故防止、犯罪防止の効果があります。


 

スキを与えない家選び

スキを与えない家選び
戸建の家の場合、1階の窓から泥棒や不審者侵入されるケースが多く、注意が必要です。 家の裏手や浴室の窓は管理が甘くなっていることが多いでしょう。 通常、家の外側には柵が付いていますが、窓の柵を内側につけることもポイントです。 窓の防犯は、内側から鍵をかけることができるシャッターや雨戸の設置が有効でしょう。 家を選ぶ際は泥棒や不審者の侵入口や経路を予測し、スキを与えない家であるか判断する必要があります。 また、侵入方法で最も多いのはピッキングよりガラス破りです。 最近ではガラスを割るだけでなくバーナーで焼いて侵入する手法も増えてきました。 そのため、窓の防犯対策は非常に重要です。 防犯アイテムを活用し、防犯対策をすることも必要ですが、ガラス破りが簡単にできない窓のサイズや設置場所の工夫が必要です。 窓や小窓、勝手口などを細かく確認しましょう。 防犯対策はスキを見せないことが重要なため、家を選ぶ際はデザインも重要ですが防犯対策も見落としてはいけないポイントです。

 

page top