Tokyo Homes Collectopn

column

住宅展示場には事前に勉強して行こう

住宅展示場には事前に勉強して行こう

住宅展示場には事前に勉強して行こう
家を建てようと一念発起した時、多くの人が訪れる場所が住宅展示場です。
住宅展示場初心者の人は、何も事前情報がない状態で訪れてしまうと大事なポイントを逃したまま見学する羽目になってしまいます。
初心者がやってしまいがちなパターンとして考えられるのが、外観だけで見学する家を決めてしまうパターンです。
住宅展示場は一度中に入ると営業マンがとても丁寧に家の説明をしてくれるため、一日でたくさんの展示を見ることは不可能です。
訪れる前に、どのハウスメーカーの家が良いか見当をつけておき、それ以外の家の展示はどんなに外観が素敵でも目を瞑りましょう。
住宅展示場ではたくさんの展示を見るよりも、一棟についてじっくり時間をかけて見学するほうが有意義です。
カメラやメジャーなどを持参しても良いでしょう。
また、住宅展示場では住宅に関するセミナーを開催していることもあるため、そのような勉強の場に進んで訪れるのもおすすめです。
住宅展示場でじっくり説明をしてくれた営業マンは、その後家を建てる際の担当になるケースが非常に多いため、担当営業マンが信用できるかどうか、自分たちのためになるアドバイスをくれるかどうかなどを見極める場でもあります。

住宅展示場の落とし穴に注意

住宅展示場の落とし穴に注意
住宅展示場に展示されている家は、皆広くて立派で設備も豪華です。
どのハウスメーカーも、魅力的だと思ってもらえるようにたくさんのお金をかけて作っています。
つまり、住宅展示場の家を全く同じ家を造ろうとすると、相当高額な費用が掛かってしまうことになります。
キッチンやバスルームなどの水回りはほとんどがオプションであり、高級メーカーのものが設えられています。
また、広さを活かした造りにしていることもあり、実際の敷地面積に当てはめてみると成立しないような構造の家もあります。
住宅展示場はリアルな家づくりに置き換えると、参考にならない部分も多いものなのです。
住宅展示場は自分の家の例としてではなく、こだわりたいポイントを探したり、目に見えない家の構造部分を勉強したり、ハウスメーカーの担当者や方針などを聞くための場として活用してください。

page top