Tokyo Homes Collectopn

column

建築工法の種類と特徴

家を建てる前に知っておきたい工法の特徴

家を建てる前に知っておきたい工法の特徴
家を建てるときに決めなければならない項目の中でも、間取りや設備などは真っ先に考えてしまいがちですが、建築工法も家にとって大変重要な項目です。
現在日本で用いられている建築工法は主に4つあり、そのどれもにメリット・デメリットが存在します。
家は長く使用する商品です。
それぞれの特徴を知らずに建築してしまったことで後々困ったことにならないように、どのような違いがあるのか理解しておきましょう。
予算やライフスタイルなどによって、その人にとって最適な建築工法は違うのです。

建築工法の種類と特徴

建築工法の種類と特徴
日本の伝統的な建築工法は「木造軸組在来工法」です。
木材で家の骨組みを作る工法で、木の魅力を存分に発揮できるデザインも可能です。
木の骨組みは太く、すべて燃えるまでには相当な時間を要するため、意外に耐火性は高いと言われています。
ただし、自然の素材は腐朽したり害虫の被害に遭う可能性がある点がデメリットと言えます。
地震対策のために壁に筋交いと呼ばれる斜めの骨組みを施すため、コンクリートよりは自由度が低くなります。
対して木造軸組在来工法をすべて鉄骨で行った建築工法は、「鉄骨組工法」と呼ばれています。
鉄のほうが木よりも強度が上がることから、木造よりも自由度の高い間取りが可能というメリットがある一方、調湿性・断熱性・防音性に劣るという特徴もあります。
「鉄筋コンクリート工法」は壁全面がコンクリートでできている建築工法です。
鉄の棒で骨組みを組み、壁の形に囲いを作ってそこにコンクリートを流し込んで固めます。
防音性には優れていますが、熱を通しやすく逃がしにくいというデメリットもあります。
2インチ×4インチの木材で合板をはめ込んだ壁を作り、その壁を組み立てていく工法は「木造枠組壁式工法」です。
釘や材料の寸法をすべて規格化しているため合理的で、低コストでも良品質な家になります。
高断熱高気密、地震に強いという特徴がありますが、壁で支えているため壁を壊したり穴を空けたりすることができないので、増築を考えている場合には避けたほうが良いでしょう。

page top