Tokyo Homes Collectopn

column

家の工法と種類〜ツーバイフォー工法〜

ツーバイフォー工法の基礎知識

ツーバイフォー工法の基礎知識
ツーバイフォー工法は、「2×4工法」「木造枠組壁工法」とも称される建築工法の一つです。
2×4工法と呼ばれる理由は、家の骨組みを作る際に使用する角材が、縦2インチ×横4インチになっているところから来ています。
日本名の木造枠組壁工法という名称は、その建築方法から来ています。
現場で一から骨組みを作っていくのではなく、あらかじめ縦2インチ×横4インチの角材で枠を組んでおき、そこに合板を貼り付けたものを、ある程度まで組み立ててから建築現場に運び、クレーンで組み上げていきます。
従来の日本家屋の工法のように柱で家を支えるのではなく、壁全体で家を支えるイメージです。
この工法は、建築ラッシュだった頃のアメリカが、効率よく建物を建てるために取り入れたことで人気を獲得し、現在の北米では9割の住宅がツーバイフォー工法で建てられているそうです。

 

ツーバイフォー工法のメリット・デメリット

ツーバイフォー工法のメリット・デメリット
ツーバイフォー工法のメリットは、木造軸組工法である在来工法よりも圧倒的に簡単で、工期が短い点にあります。
シンプルな工法のため、高度な職人技術は必要ないので、品質にムラが出にくいのも利点です。
柱で支えるのではなく壁で支えているため、耐震性も在来工法より優れています。
壁同士を接合させることで気密性が上がり、防火性や断熱性、それによる省エネ効果なども望めます。
ただし裏を返せば、壁を取り去ることができないことになるので、増築やリノベーションの際には壁を撤去したり穴をあけたりすることはできません。
ですから、将来的に間取りを変更する可能性がある人には向かないでしょう。
また、気密性が高いということは、湿度の高い場所では湿気が抜けにくくなります。
外壁材料の選択肢は豊富ですが、木の骨組みを露出させたような温かみのあるデザインは選べません。
ツーバイフォー工法には、このようにメリットもありますがデメリットもあります。
他の建築方法にも同じようにメリット・デメリットは存在するため、何を最優先に家を建てるかを明確にした上で、最適な工法を選ぶようにしましょう。

 

page top