Tokyo Homes Collectopn

column

家の工法の種類とそれぞれの特徴について

日本の住宅で一般的な工法

日本の住宅で一般的な工法 家を決める時にどの工法でできた住宅を選ぶかは非常に重要な選択です。
工法とは住宅の建て方のことをいいます。
工法によっては建物の耐久性や設計の自由度、工期、工事費、住み心地などあらゆる面が異なってくるので注意が必要です。
工法は大きく分けると柱と梁などの部材で建物の骨組みをつくる「軸組み工法」と壁によって建物を支える「壁式工法」の2種類に大別されます。
この2種類を基本に、使用する材料によって「木造」「鉄骨造」「RC(鉄筋コンクリート)造」などの数種類に分けられ、さらに、これらから「軸組構造」「ラーメン構造」「壁式構造」などの工法に分けられているため、沢山の工法があり、それぞれにメリットやデメリットがあるのです。
日本の住宅で一般的な工法とその特徴をご紹介します。

工法の種類と特徴

工法の種類と特徴 まず「木造軸組工法」ですが、これは日本では古くから神社などの建設に用いられた工法で在来工法ともいわれています。
これは柱と梁さらに筋交によって建物の縦・横・斜めを支える伝統的は工法で通気性がよいため湿気の多い日本の気候に合っているといわれる工法です。
次に2×4(ツーバイフォー)工法ですが、これは「枠組壁工法」とも呼ばれています。
北米では住宅の9割がこのツーバイフォー工法で建てられるといわれており、台風や地震などに強く、気密性・断熱性・耐火性に優れていますが、増築しにくいというデメリットもあります。
3つ目にご紹介するのが、鉄骨軸組工法(軽量鉄骨造)で、在来工法の部材である木を鉄骨に置き換えて組み上げた工法です。
軽量かつ丈夫なので耐震性が高く、工業化することで、品質が安定し、大量に供給ができるというメリットがあります。
一方、重量鉄鋼工法は先述の軽量鉄骨よりも厚みがある鉄骨で支える工法です。
建物の形状・間取りの自由度が高く、強度が非常に高いことからマンションなどの建築によく採用されています。
鉄筋とコンクリートのそれぞれの特長を組み合わせたRC(鉄筋コンクリート)工法は強さとしなやかさを合わせ持っており、耐震性、耐久性、耐火性、遮音性、断熱性に優れ、設計の自由度も比較的高い一方、コストと工期が長いというデメリットもあります。

page top