Tokyo Homes Collectopn

column

家を買うタイミングはいつがいい?

家を買う時のタイミングは様々

家を買う時のタイミングは様々
結婚、出産、引っ越し、色々な状況に応じて家を買うかどうか検討される方は多いと思いますが、
具体的にどのタイミングで購入をすればいいのかその時期というのは非常に曖昧な点が多いのも事実です。
家を買うということは一生に一度の買い物でもありますから、しっかりと今後の生活設計とよく見比べながら、どのような場所に、そしてどんなマイホームを購入するのか考えていく必要があります。
また、自分の年齢、年収、家族構成などに応じて家のローンも変動していくと思いますから、この辺りもじっくりと検討しながら買うタイミングを見極める必要があると言えます。

 

代表的な4つのタイミング

代表的な4つのタイミング
家を買うタイミングというのは人によってバラバラではありますが、代表的な例として挙げられるのが「結婚」「出産」「子供が成長してから」「定年後」の4つに分かれるでしょう。
まず結婚後すぐに家を購入する場合ですが、これはメリットとデメリットの両方があると言えます。
メリットとしては夫婦二人でじっくりとマイホームについて検討する時間があるということ。
デメリットはこれから子供ができるとして、どれだけの間取りが必要かイメージできないという点です。
次に出産してから家を購入する場合ですが、このタイミングは育児によって時間を削られることが大いにあるので負担としては増してしまいますが、早い段階でマイホームの準備をしておきたいと考える人もいるようです。
また、少し育児が落ち着いてからと考える人は子供が小学生や中学生になってから家の購入を検討されるようです。
そして最後に定年後に家を買うケースですが、こちらは夫婦二人の今後をじっくり考えて、残りの人生を謳歌できるというメリットがありますが、定年後までにまとまった金額の預金や退職金があるという前提なので余裕のある方はこちらも視野に入れてみてはいかがでしょうか。
家を買う前には住宅展示場を覗いて具体的なイメージを掴んでおくと理想的なマイホームに出会える確率も高まります。

 

page top