Tokyo Homes Collectopn

column

初めて家を買う時に知っておきたいこと

家の購入は人生に何度もない大きな買い物です。
よく人は「3回家を買わないと納得できる家に住めない。」などと言いますが、いろいろ調べて準備して完璧だと思っても、住んでみると「ああすればよかった」「こうすればよかった」と後から後から出てきてしまいます。
また、大きな買い物なだけに不安材料もたくさんあるでしょう。
家を購入する時のタイミングや、場所、価格、広さ、間取りなどの選ぶポイント、相場や税金、売買契約に関すること、入居後のトラブルなど、事前に知っておきたいことを解説しています。
広く情報収集し、理想の住居に巡り合えるようポイントを押さえて、後悔のない家選びをしましょう。

家の購入は人生に一度の大きな買い物ですが、年齢に応じて家を購入するのではなく、結婚、出産、子供の成長、定年などの大きな変化に応じて家を購入するという方が多いようです。

家を購入する時のポイントがいくつかあります。それは家を購入するタイミング・予算・場所・間取りなどです。大きな買い物なので購入前にポイント別に考えておくといいでしょう。

日本の住宅には様々な工法があり、工法によって設計の自由度、耐久性、工事費などあらゆる面が異なります。ここでは木造軸組工法などそれぞれの工法の特徴をご紹介します。

再生可能エネルギーが様々な分野でもてはやされていますが、住宅分野でも大好評を得ています。電気代などを抑えることができますし、災害などいざという時に頼りになるでしょう。

天然素材の家には空気中の嫌な臭いを消してくれたり、家の中の湿度を保ってカビの発生を抑えたりする効果があります。さらに、住むほどに味が出てくるのも天然素材の家ならでのメリットです。

家を購入する際には、どれだけ費用負担が発生するか、そしてどのような手続きをしなくてはならないかをあらかじめ確認しておきたいです。印紙税や家の購入代金、登記費用などもかかります。

ライフスタイルは家族の数だけあるものです。理想の生活と、それを実現させる家を考えてみましょう。住宅展示場を訪れてイメージを膨らませるのもおすすめです。

ツーバイフォー工法は、2×4インチの角材で作った枠組みに合板を貼り付けた壁を度組み立てていく工法です。高度な技術が不要で工期が短いなどのメリットがありますが、デメリットもあります。

現在日本で家を建てる際に用いられている建築工法は主に4つあります。それぞれの違いを理解しておかなければ後々困ったことにもなりかねません。自分に合った建築工法を選択しましょう。

自分の家を建てようと一念発起した時、多くの人が訪れる場所が住宅展示場です。こだわりたいポイントを探したり、ハウスメーカーの担当者や方針などを聞くための場として活用してください。

家の外観で失敗しないためには、イメージをリアルに把握しておくことが大切です。周囲になじむ外観のためには、家のスタイル、窓の形、外壁の色という3ポイントをおさえておきましょう。

家の購入時の自己資金は土地・建物代、仲介手数料、税金、住宅ローン手数料などの諸費用分は用意しましょう。緊急時の現金は残し、頭金20%にはこだわらなくてよいでしょう。

様々なライフスタイルの人々が自分らしい家造りを目指しています。高齢の親との二世帯住宅や、自分の趣味に集中できる環境など家庭によって重視する部分は様々に違ってきます。

日本の文化とも言える木造の家。木造はメリットがたくさんあります。デメリットがありますが、自由度が高い家を建てたい、日本らしい家に住みたい方は木造建築がおすすめ。

安心して暮らすことができる条件は様々あるのですが、しっかりとした耐震構造のものをつくることも重要でしょう。地震の揺れで倒壊などしないような家をつくり上げたいです。

家づくりやマイホーム購入の事前準備は非常に重要です。特に住宅展示場での見学会イベントなどを活用することでマイホーム購入で失敗するリスクも低くすることができるでしょう。

最新の戸建の家は防犯性も優れています。玄関は2ロックになっており、窓は防犯フィルムが入ったシャッター雨戸付きが増えています。デザインも重要ですが防犯対策も見落としてはいけません。

戸建て住宅のプライバシーの問題は意外と奥深いもので、エクステリアや植物などを賢く活用してプライバシー確保を目指す例もあります。デザインにこだわるとプライバシーを見落とすことも。

湿気のピークとなる6月ですが、湿気が原因で起こるカビやダニは、住宅や人体にも害を及ぼします。湿気にはできるだけ換気することが大切です。一時だけでなく、湿気対策は日々心がけましょう。

暑い夏場も快適に過ごせる家は、構造に工夫がされています。外断熱と遮熱工法で、壁体内を空気が通るようにします。高断熱、高気密住宅は、地球温暖化防止計画の一つとして推奨されています。

page top